シネマな毎日

最近、人より映画を観ていることに気づきました。恋愛について考えたことを、映画を通してアウトプット中!

言の葉の庭

新海誠作品を漁りつついます。

今回は「言の葉の庭

言の葉の庭

秒速5センチメートルよりも新しい作品なんですね。

 

映像と音楽が美しい…

そして、新海誠作品の静かで優しく心に語りかけるような入りが好きです。

ジブリ千と千尋の神隠しで感じるような、静かさと神秘さが、映像と音楽で表現されてます。

 

夢を追う少年と、仕事に行けなくなった女性。

雨の日だけの逢瀬。

 

一緒に過ごす日々が少しずつ、2人を前へと歩かせる。

人と人が関わりを持つって事は、何かしら共通項があるからだと思います。

それがこの2人にもあった、ということ。

 

人間、誰でも弱さを持っていて、それを共有できる人がいると少し強くなれる。

自信が持てる。また歩き出せる。

 

そんな人がパートナーだと素敵ですね。

 

 

ヒロイン失格

ヒロイン失格

ヒロイン失格

原作を少し読んだことがあるので、気になっていた作品。

しかし同時期に公開してた「piece of cake」と迷ったあげく、「高校生の恋愛と大人の恋愛かぁ。私はもう高校生やないしなぁ。大人や!」ってことで、後者を選んだので、観ていませんでした。笑

 

内容は、高校生の恋愛なんですけど、王道少女マンガは「主人公が男の子と恋に落ち、結ばれる」ってのが王道パターンですが、その王道少女マンガの要素(幼馴染、可愛い、同じ高校、男の子に彼女なし)が揃ってるものの、主人公は王道ヒロインになれない、っていう話です。

 

結果的にはちゃんと結ばれますが。笑

 

少女マンガなんだけど、ギャグ要素満載です。

笑えます。

そういった面では、リアリティーがあります。

だって、少女マンガみたいな恋愛してる高校生って、ほぼいませんよね?

王道ヒロインになれない方が圧倒的かと。

 

アラサーのおばさんとしては、

「うんうん、ツライよね。」

「それはムカつくよね。」

てな感じで、第三者的な感覚で観てました。

 

個人的には坂口健太郎くんがイケメン過ぎて、きゅんきゅん♡でした笑

 

 

君の名は。

絶賛公開中、新海誠作品みてきました!!

君の名は。 B2タペストリー 階段

 

珍しく、友達と見に行きました。 

泣くことを予告して…笑

 

案の定、泣きました!

泣いたけど、号泣ではなかったかな。笑

じわじわと。

哀しみの涙ではなく、幸せの涙。

2人の互いを想い合う姿に、心動かされました。

 

物語は、新海誠監督が常に描こうとしている、儚さ、人と人の不思議な縁、出会い、運命、奇跡…そんな新海誠ワールドが満載でした。

映像もとても綺麗だった。

秒速5センチメートルを彷彿とさせ、ハラハラドキドキしましたが…。笑

 

 

 出会いって何だろう?

運命って何だろう?

必然って何だろう?

あなたと私が出逢った意味は?

奇跡ってあるのかな?

 

きっと、この世界には私たちが測り知れないことが沢山あって、それは日常の中に隠れている。

時にそれを運命というかもしれないし、奇跡というかもしれない。

必然というかもしれない。

それが何なのかは「神のみぞ知る」って事なんでしょう。笑

私たちには知りえないこと。

でも、私たちが「出逢う」って事は、幾つもの偶然(あるいは必然)の末に成り立っていて、それは儚い、尊いものなのかもしれません。

 

そんな事をぼんやり感じました。

というか、感じたことを未だにはっきりと、その輪郭を掴みきれていないのが現状です。

一回観ただけじゃ、消化しきれない。

 

そんな素敵な作品でした。

 

インサイドヘッド

外れなしのディズニーピクサー

去年公開の『インサイドヘッド』

 

インサイド・ヘッド (吹替版)

 

女の子の中の、5つの感情がガヤガヤやる物語。

ちょっと前観た、脳内ポイズンベリーに設定が似てるような。

脳内ポイズンベリーの時は、脳内の人たちは「感情」というカテゴライズではなかったのだけど。たぶん。

 

女の子の頭の中の「ヨロコビ」と「カナシミ」の2つの感情が、迷子になってしまうことから、女の子が暴走?してしまう物語。

 

「カナシミ」って何のために必要なのかイマイチ理解できないヨロコビ。

でも、私たちは悲しみの感情があるからこそ、現実を受け入れられるし、誰かの悲しみに共感できるし、何かを受け入れられるのかもしれない。

 

そういえば、「神の見えざる手」で有名なアダム・スミスが大切だと論じてたのは、人間にはシンパシーという「共感」する力があって、それが社会の中で重要な働きをしてるとか。

社会学原論の授業を思い出す…笑

 

感情ってもんは、厄介だけど、それが人と人を結びつけるのかなと。

無感情な人と感情を表に出す人、どっちが信頼できるかって言ったら、多くの人が感情を表に出す人を選びますよね。

 

感情を出し過ぎる人も、時に、厄介ですが。笑

 

私たちは、日々 何かを感じて生きている。

そしてそれが、日々の出来事に意味を与えている。

全てを客観的に、そして無感情にみたとしたら、全ての出来事はただの事象であり、それ以上も以下もないのだから。

 

そう考えると、人生って自分がどのように日々の出来事を意味付けるか、で大きく変わっていきますね。

 

ちょっと飛躍しましたが、そんなことを感じました。 

秒速5センチメートル

来週から「君の名は」が公開される新海誠さんの作品。

秒速5センチメートル

秒速5センチメートル

私、新海誠さんのこと知らなかったので、初です。

泣けると聞いていましたが、ホントうるうる…

 

1話目から、「両毛線!!!」

私も好きな人に会いに良く使ってたんです。懐かしい…

私を泣かそうとしてるんかい!笑

 

2話目も主人公の男の子が「ニュートン」らしき雑誌を見てるし!

私は文系なのですが、科学が大好きなので、よくニュートンは立ち読みしてます 笑

宇宙が好きなんです。

古代生物が好きなんです。

未知なものが好きなんです。笑

 

 私の話は置いておいて、さてさて

 

この作品「速度」をテーマにしたものだそうです。

確かに、いろんなが速度要素が描かれています。 

速度の要素って、時間と距離ですよね。

 

物理的な距離。

心理的な距離。

時間。

速度。

 

お互いに想っていても、距離や時間によって速度が違うし、ちょっとした速度の違いで距離や時間が異なってしまう。

ちょっとした差で、すれ違ってしまう。 

 

ホント恋愛って難しいですよね。

同じ速度で一緒に歩いていても、ずっとは続かない。

一生続くと思っていても、あっという間に別々の道を歩くことになる。

想い合っていた2人が、再び一緒に歩くのが、こんなにも難しいことなのに、一緒に歩けても、別々の道を選んでしまうことも多い。

 

だからこそ、この人生が終わるまで一緒にいてくれるパートナーと出逢うのは奇跡に近いのかも。

 

まぁ、この作品の主人公たちのように、想い続けられる人に出逢えることだけでも奇跡なんですけどね。

 

ひとつ1つの出逢い=奇跡を大切に☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変態仮面

最近、フェスの話が多かったですが、久しぶりに映画の話。

 

HK/変態仮面 [DVD]

変態仮面

ただ、ただ、鈴木亮平が観たくて。笑

だってカッコいいんだもん。

めっちゃタイプです♡

 

あの眼が好きなんです。

声も素敵♡

王子ボイスですよね!

 

作品については、何も考えずに観れる映画。

変態とはなんぞや?!という事を考えさせられますけど 笑

 

鈴木亮平さんの美ボディに、見とれます✨

美しすぎる!!

そして、声が王子すぎる!!

あんな高校生おらんでよ!

 

イケメンに癒されたい方は、ぜひ♡

 

 

ROCK IN JAPAN 2016

映画ではなく音楽の話、第2弾。

 f:id:nnnaammi:20160817222916j:image

ROCK IN JAPAN の2週目に行ってきました!

大好きなバンプとか、星野源とかindigoとかは1週目でしたが、、そこは置いておいて、今回は2週目の参戦でした。

 

1日目は、

ゴールデンボンバー

Aqua Timez

かなぶーん

ナオト

感覚ピエロ

 

2日目は、

きゃりーぱみゅぱみゅ

ニコタッチ

androp

藤巻亮太

WANIMA

ワンオク

アジカン

 

を観ました。

 

アジカンソラニンやりました 笑

めっちゃ良かった(>_<)

うるっときましたよっっ!

 

驚いたのは、ドラマ「ゆとりですが何か」の主題歌を担当してた、感覚ピエロが、まだインディーズだったって事!

インディーズアーティストって事もあるし、若いって事もあるけど、彼らはパワフルだった!

ああいう同世代(歳下だけど)がいるといいよね!

 

藤巻亮太さん、レミオロメンの曲めっちゃやりました 笑

南風さいこぅ〜( *¯ ³¯*)♡︎

 

フェス行って踊るの気持ちぃぃ!!!

腕振りまくってるのに、肩凝りがとれるんです!

 

来年でロッキン参加5年目になります。

来年も行けるといいなぁ

でもさ、結婚適齢期だから、私は大丈夫でも友達がダメかも 笑

現に1人、ご懐妊で行けなくなっちゃったしね!それはそれで、おめでたいんだけど(*´꒳`*)

 

ロッキン行けなくても、幸せならいいんです。

何のためにロッキン行くかって言ったら、はっぴー♡になるためやもん。

大好きな音楽きいて、唄って、踊って、泣いて?、笑って。

私の感情のままに体を動かす。

そこに制約はありません。

心と身体が滑らかに連動してる感じ。

大人って、心≠行動 

理性が働くからね。

でもそれって、すっごく窮屈。

だから、ストレスが溜まるんだよね。

そんなことばっかりだと、心が動かなくなる。

心の動きが鈍くなる。

つまらない人間になっちゃうって私は思う。

 

だから、今日も私は音楽聴きながら踊るよ〜✨