シネマな毎日 

映画と音楽と恋愛と。

COMET

また一風変わったラブストーリーを観ました。

おうちで1人で観るとなると、アクションとかホラーは何か寂しくて、なかなか手を出せません。

女子ひとりだと、ラブストーリーを観てます!って方が絵になるしね??笑

 

今日は「COMET」

 

COMET コメット [DVD]

COMET コメット [DVD]

 

 すい星を一目見ようと墓地に集まった群衆の中、デル(ジャスティン・ロング)とキンバリー(エミー・ロッサム)は運命的な出会いを果たす。イケメン男性との初デートだったにもかかわらず、キンバリーは変わり者のデルの言動から目が離せなくなってしまう。一旦はそれぞれ別の場所に向かうものの、二人は運命の糸に導かれるように再び顔を合わせ……。

引用: シネマトゥデイ

 

あらすじ読むと、惹かれます。

TSUTAYAさんのポップには、彗星とかパラレルワールドとか言う単語が書かれていて、惹かれずにはいられなかった!!

 

映像がとても綺麗でした。

そして、作品の構成も考えられていて、ひとつの芸術作品のようでした。

絵画をみているような、そんな感じでした。

過去とか現在とか夢の映像がくっついているので、今、どのシーンか理解するのが難しく、一回観ただけでは理解しきれていません。

でも「こういう恋愛ってあるよな」って、じんわり感じる作品でした。

 

自分でも理由とか意味とか分からないんだけど、どうしようもなく惹かれて、離れても離れられなくて。

でも結ばれなくて。

こんなに執着しなければ苦しくもないし、悩むこともないのに、それなのに、どうしても、あの人しかいないって思ってしまう。

きっと理屈なんてない。それが恋なんだろう。愛なんだろう。

 

漠然とそんなことを思いました。

私もそんな人がいました。

彼とは前世でも出逢っていて、来世でも出会うんだろうなって。

どんな世界でも、私がどうしようもなく彼に惹かれるんだろうな…って。

今世では結ばれなかったので、来世とかパラレルワールドで彼と結ばれる世界があるといいな、って。

 

 

作品中のカップルのやり取りが面白いところも好きです。

ああいうカップル好きだなぁ…って。笑

 

好き嫌いはあると思いますが、興味のある方はぜひ☆

 

 

 

カラスは真っ白

本日、定時後にダッシュしてライブに行ってきました!

人生2回目のライブハウス♪

恵比寿リキッドルーム

 

私の好きなバンド「カラスは真っ白」のワンマンライブでした( *¯ ³¯*)♡︎

 

f:id:nnnaammi:20161020230909j:image

 

あー昇天してもいい気分。

てか、昇天してたよ 笑

ふわふわ漂ってたよ。

帰りの電車、乗り過ごしたり間違えたり…家が遠かったよ。。笑

 

 

ジャージーでファンキーな素晴らしい音楽…。

ヤギヌマちゃんの可愛い歌声。

そして何より、タイヘイさんがカッコ良すぎて✨✨

こっち見ただけでも、照れてしまう\(//∇//)\

 

同世代というか、ほぼ同い年の彼らに尊敬の念を抱くとともに、ほんとうに憧れます!

我々世代もまだまだ、やりますな。

 

ほんとうに、かっこよくて、かわいい音楽を奏でる人達なので!!

 

興味があれば是非ぜひ、YouTubeで検索してみて下さい☆

 

 とかいう私は、社会人なのにお財布にお金入ってなくて、物販買えないっていうね…。笑

でもシアワセ♡

 

 

 

リジェネレーション

やっと私の情緒も落ち着いてきたので、B級SF映画を観ようと借りました。笑

リジェネレーション [DVD]

TSUTAYAさんのポップでは、近未来で運命に翻弄されながらも愛を貫く男女の物語。みたいに書かれていたので、借りて見ましたが…

 

 

 

とにかく、映画の内容が理解できない!!

 

 

 

最初から最後まで、内容が把握できなかったです。笑

展開にメリハリはないし、内容把握できないし、これ、イギリス映画?!って思ったら、やはりそうでした。

イギリス映画をディスるわけではないですが、ずーっとシリアスな雰囲気の作品って、私みたいな飽きっぽい人間には合わないのです。笑

 

私の場合は、特典映像の予告を観て、やっとどんな作品だったか理解できました。笑

 

理解力には、それなりの自信はあったのですが、この作品にはお手上げ。

 

 

理解力に自信がある方は是非!!!

 

 

 

 

言の葉の庭

新海誠作品を漁りつついます。

今回は「言の葉の庭

言の葉の庭

秒速5センチメートルよりも新しい作品なんですね。

 

映像と音楽が美しい…

そして、新海誠作品の静かで優しく心に語りかけるような入りが好きです。

ジブリ千と千尋の神隠しで感じるような、静かさと神秘さが、映像と音楽で表現されてます。

 

夢を追う少年と、仕事に行けなくなった女性。

雨の日だけの逢瀬。

 

一緒に過ごす日々が少しずつ、2人を前へと歩かせる。

人と人が関わりを持つって事は、何かしら共通項があるからだと思います。

それがこの2人にもあった、ということ。

 

人間、誰でも弱さを持っていて、それを共有できる人がいると少し強くなれる。

自信が持てる。また歩き出せる。

 

そんな人がパートナーだと素敵ですね。

 

 

ヒロイン失格

ヒロイン失格

ヒロイン失格

原作を少し読んだことがあるので、気になっていた作品。

しかし同時期に公開してた「piece of cake」と迷ったあげく、「高校生の恋愛と大人の恋愛かぁ。私はもう高校生やないしなぁ。大人や!」ってことで、後者を選んだので、観ていませんでした。笑

 

内容は、高校生の恋愛なんですけど、王道少女マンガは「主人公が男の子と恋に落ち、結ばれる」ってのが王道パターンですが、その王道少女マンガの要素(幼馴染、可愛い、同じ高校、男の子に彼女なし)が揃ってるものの、主人公は王道ヒロインになれない、っていう話です。

 

結果的にはちゃんと結ばれますが。笑

 

少女マンガなんだけど、ギャグ要素満載です。

笑えます。

そういった面では、リアリティーがあります。

だって、少女マンガみたいな恋愛してる高校生って、ほぼいませんよね?

王道ヒロインになれない方が圧倒的かと。

 

アラサーのおばさんとしては、

「うんうん、ツライよね。」

「それはムカつくよね。」

てな感じで、第三者的な感覚で観てました。

 

個人的には坂口健太郎くんがイケメン過ぎて、きゅんきゅん♡でした笑

 

 

君の名は。

絶賛公開中、新海誠作品みてきました!!

君の名は。 B2タペストリー 階段

 

珍しく、友達と見に行きました。 

泣くことを予告して…笑

 

案の定、泣きました!

泣いたけど、号泣ではなかったかな。笑

じわじわと。

哀しみの涙ではなく、幸せの涙。

2人の互いを想い合う姿に、心動かされました。

 

物語は、新海誠監督が常に描こうとしている、儚さ、人と人の不思議な縁、出会い、運命、奇跡…そんな新海誠ワールドが満載でした。

映像もとても綺麗だった。

秒速5センチメートルを彷彿とさせ、ハラハラドキドキしましたが…。笑

 

 

 出会いって何だろう?

運命って何だろう?

必然って何だろう?

あなたと私が出逢った意味は?

奇跡ってあるのかな?

 

きっと、この世界には私たちが測り知れないことが沢山あって、それは日常の中に隠れている。

時にそれを運命というかもしれないし、奇跡というかもしれない。

必然というかもしれない。

それが何なのかは「神のみぞ知る」って事なんでしょう。笑

私たちには知りえないこと。

でも、私たちが「出逢う」って事は、幾つもの偶然(あるいは必然)の末に成り立っていて、それは儚い、尊いものなのかもしれません。

 

そんな事をぼんやり感じました。

というか、感じたことを未だにはっきりと、その輪郭を掴みきれていないのが現状です。

一回観ただけじゃ、消化しきれない。

 

そんな素敵な作品でした。

 

インサイドヘッド

外れなしのディズニーピクサー

去年公開の『インサイドヘッド』

 

インサイド・ヘッド (吹替版)

 

女の子の中の、5つの感情がガヤガヤやる物語。

ちょっと前観た、脳内ポイズンベリーに設定が似てるような。

脳内ポイズンベリーの時は、脳内の人たちは「感情」というカテゴライズではなかったのだけど。たぶん。

 

女の子の頭の中の「ヨロコビ」と「カナシミ」の2つの感情が、迷子になってしまうことから、女の子が暴走?してしまう物語。

 

「カナシミ」って何のために必要なのかイマイチ理解できないヨロコビ。

でも、私たちは悲しみの感情があるからこそ、現実を受け入れられるし、誰かの悲しみに共感できるし、何かを受け入れられるのかもしれない。

 

そういえば、「神の見えざる手」で有名なアダム・スミスが大切だと論じてたのは、人間にはシンパシーという「共感」する力があって、それが社会の中で重要な働きをしてるとか。

社会学原論の授業を思い出す…笑

 

感情ってもんは、厄介だけど、それが人と人を結びつけるのかなと。

無感情な人と感情を表に出す人、どっちが信頼できるかって言ったら、多くの人が感情を表に出す人を選びますよね。

 

感情を出し過ぎる人も、時に、厄介ですが。笑

 

私たちは、日々 何かを感じて生きている。

そしてそれが、日々の出来事に意味を与えている。

全てを客観的に、そして無感情にみたとしたら、全ての出来事はただの事象であり、それ以上も以下もないのだから。

 

そう考えると、人生って自分がどのように日々の出来事を意味付けるか、で大きく変わっていきますね。

 

ちょっと飛躍しましたが、そんなことを感じました。