シネマな毎日

最近、人より映画を観ていることに気づきました。恋愛について考えたことを、映画を通してアウトプット中!

ブリジット・ジョーンズの日記3

世の中はクリスマスですね🎄

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は、「私はクリスマスとは縁がない」と諦めている方も少し前向きになれる作品です。

 

2作目は観てないけど、多分楽しめるはず!ということで一カ月ほど前に観てきました。

 

ブリジット・ジョーンズの日記

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期-オリジナル・サウンドトラック

 

恋に仕事に奮闘するブリジット(レニー・ゼルウィガー)もアラフォーとなり、テレビ局のやり手プロデューサーとして活躍していた。愛した男ダニエル(ヒュー・グラント)は事故で他界し、いまだに独身の彼女の前に、IT企業のイケメン社長ジャック(パトリック・デンプシー)が現れる。彼との恋が進展していく一方、ほかの女性と結婚したかつての恋人マーク(コリン・ファース)とも再会し、2人の男性の間で揺れ動くブリジットだったが……。

(引用元:シネマトゥデイ

1作目から考えると、老けたな…って感じです。笑

でも、あのギャグセンスは顕在でした!

 

そして…40代女子の孤独、分かります。。

(まだ20代だけど…笑)

うまくいかなかった恋愛の数だけ、この歳になると、臆病になりますよね。。

まあ、きっと、それはどの年代でも言ってそうですけど。笑

 

1人で生きて行くことを決めるブリジットでしたが、ひょんな事からマークと再会を果たします。

何年も一緒にいたのに、結局一緒になれなかったブリジットとマーク。

きっと運命の人じゃなかったんだ、と理解するも惹かれ合ってしまう2人。

 

映画を観終わって、ほっとしました。

 

結局、その人が運命の人なんです。

いくら合わなかろうが、正反対だろうが、お似合いじゃなかろうが、そんなの関係ない!どうしても惹かれてしまうんだもの。それは運命としか言いようがない。

相性とかそんなもんのとかは、きっと一緒にいる時間が確実なものにしていってくれる。

最近、オリラジのあっちゃんが言ってましたが、

 

「この人が運命の人かどうかなんて分からない。時間をかけて運命の人にしていくんだ。」

 

ドラマ「逃げ恥」でも同じようなことを言ってました。

 

そう、本当の運命の人かどうかなんて誰にもわからない。

一緒に過ごした日々が運命の人にしてくれるんです。

 

理由もなく惹かれる…だけど、私たち上手くいかないの。。運命の人じゃないんだわ。。。でも。。諦められない。。私に運命の人なんかいないんだわ。

 

って悩んでるのは、本当はバカバカしいんですよ。笑

 

んなの、何年も何十年も一緒に過ごして、それでやっと「ああ、この人と一緒になれて良かったな…」と感じるもの。

 

不安になったり臆病になってしまうのは、傷付くのが怖いから。

運命の人と思ってて、それが上手くいかなかった時に傷付くのが怖いから。

 

じゃあ、いっそ、運命の人なんかいない!って思ってればいいのかも。笑

その上で自分の気持ちを大事にすること。自分の気持ちは、自分以外の誰にも否定できませんから!

好きなら好きでいる!以上。笑

 

ま、それができないから皆苦しいんですけどね。笑

でもきっと、うだうだ悩むよりその方がきっと良い結果を引き寄せると思うのです。

自分に素直になれば、素敵な現実がやってくる。

そんな作品でした。