シネマな毎日

最近、人より映画を観ていることに気づきました。恋愛について考えたことを、映画を通してアウトプット中!

メアリーの総て

久しぶりに書きます。

映画を観ていなかったわけではないですが、書きたい衝動に駆られる作品がなく。(決して面白くなかったわけではないです。私の琴線に触れるものがなかっただけ。)

 

この映画は、フランケンシュタインの作者、メアリー・シェリーのお話です。

 

ポスター/スチール写真 A4 パターン5 メアリーの総て 光沢プリント

19世紀のイギリス。小説家になりたいメアリー(エル・ファニング)は、異端の天才と称される詩人のパーシー・シェリーと出会う。彼らは互いの才能に惹(ひ)かれ駆け落ちするが、メアリーに数々の悲劇が訪れる。ある日彼女は、滞在していた詩人バイロン卿の別荘で、怪奇談を披露し合おうと持ち掛けられる。

引用:シネマトゥデイ

 

フランケンシュタインというと、頭にネジの刺さった緑色の巨人の優しい怪物?しか、私の記憶には無かったのですが。。笑

フランケンシュタインの物語を知らなくても楽しめますが、知っていた方がより面白いと思います!

 

フランケンシュタインの話をよく覚えてない私でも、メアリーという女性の強く、美しく、たくましく生きている姿にとても心動かされました。

 

私の中の理想の女性像に近いかもしれません。

理想の女性とは?と聞かれても特に思い浮かばなかった最近ですが、思い出しました。私はジャンヌダルクのような女性に憧れているのだと。

 

気高く、

美しく、

そして、慈悲深い。

 

そんな女性に私は憧れていて、成りたいと思い出しました。

「強さ」とは違う。

どん底に落とされても、傷つきながらも前へ進む姿。

女性は不安定な生き物だし、それでこそ美しく、そんな美しい生き物が傷つきながらも前へ進んでいく姿が気高い。

例えば、ジャンヌダルクのような。

女性は強い。でもその強さはパワーではなく、生命力。

男性のそれとはやはり違うのだと思う。

それでもって何もかもを包み込む優しさ。母性。慈悲深さ。

 

物語好きの1人の少女が、逞しく、儚く、尊く、美しい女性、母親へと成長していく姿が描かれていると感じました。

 

是非、女性に見て頂きたいなと思います。