読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマな毎日

最近、人より映画を観ていることに気づきました。恋愛について考えたことを、映画を通してアウトプット中!

ソラニン


ずっーと観たかった映画。

いつも予告だけで泣いてた 笑

ソラニン

最近、やっと観れました。

ソラニン スタンダード・エディション [DVD]



映画と同名である、アジカンソラニンのイントロが頭から離れない。

あの曲で泣ける!

そして、ギターが弾きたくなるー!!



現実と理想、その間で揺れて揺れて…

大切な人がいるけど、

ホンマにそれでええんか?って。

んで、呆気なく死んじゃうんですよ、彼氏。

男の人って、大事な彼女いるのに、自分のプライドとか、そういうのに飲まれて突然消えちゃったりするよね…。

男の人って、こうだよなぁ…って元彼を思い出しながら観てました。

女なら、愛する彼氏がいたら、絶対そんな事にはならないのに。笑

(私の元彼は死んでいませんが)


男の人にとって、仕事とか、自分の役割とか存在価値ってのは、それほど大事なものなんでしょうね。


大事な彼女がそこにいる。

それだけで「ええやん」って女の私は思ってしまうけどね…。

女の人の方がタフな生き物なのかもしれません。



今年のロッキンで、ソラニンやるかなぁ…

やったら、きっと号泣するな。


ちなみに、ソラニン観た次の日は、目が腫れたまま出勤しました。笑