読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シネマな毎日

最近、人より映画を観ていることに気づきました。恋愛について考えたことを、映画を通してアウトプット中!

ヒロイン失格

ヒロイン失格

ヒロイン失格

原作を少し読んだことがあるので、気になっていた作品。

しかし同時期に公開してた「piece of cake」と迷ったあげく、「高校生の恋愛と大人の恋愛かぁ。私はもう高校生やないしなぁ。大人や!」ってことで、後者を選んだので、観ていませんでした。笑

 

内容は、高校生の恋愛なんですけど、王道少女マンガは「主人公が男の子と恋に落ち、結ばれる」ってのが王道パターンですが、その王道少女マンガの要素(幼馴染、可愛い、同じ高校、男の子に彼女なし)が揃ってるものの、主人公は王道ヒロインになれない、っていう話です。

 

結果的にはちゃんと結ばれますが。笑

 

少女マンガなんだけど、ギャグ要素満載です。

笑えます。

そういった面では、リアリティーがあります。

だって、少女マンガみたいな恋愛してる高校生って、ほぼいませんよね?

王道ヒロインになれない方が圧倒的かと。

 

アラサーのおばさんとしては、

「うんうん、ツライよね。」

「それはムカつくよね。」

てな感じで、第三者的な感覚で観てました。

 

個人的には坂口健太郎くんがイケメン過ぎて、きゅんきゅん♡でした笑