シネマな毎日

最近、人より映画を観ていることに気づきました。恋愛について考えたことを、映画を通してアウトプット中!

500日サマー

人から薦められたので、観てみました。

「500日サマー」

(500)日のサマー (吹替版)

 

 

ながら見してたので、ところどころ観れてません。。笑

でも、作中に共感というか、「これ、私じゃね??」って思う瞬間が何度も。笑

 

私は基本的に恋愛初心者で、ベタベタな少女漫画大好きな乙女なので、運命というワードが大好きです♡

 

運命なんて信じないし、愛なんて形ないものを認められないサマー。

そんな彼女にベタ惚れの主人公。

私が共感したのは、この男の子のほう!笑

 

 

だって 運命の人だと思ったんだもん。

よく分からないけど、めっちゃ惹かれたんだもん。

大好きなんだもん。

こんな気持ち初めてだったんだよ?

でもなんで、こっち向いてくれんの?

愛なんて信じないって言うの?

私があなたに感じてる感情が愛やん?

私がこんなにも愛してるのに、なんで伝わらんの?

苦しい…

 

主人公の葛藤はこんな感じ。笑

 

 で、結局、サマーは他の男性と結婚してしまいます。

そして偶然再会したサマーに、運命なんてやっぱり無いんだ、、って嘆いていると、サマーはこう言うんです。

「そんな事ないわ。あの時、あの場所であの本を読んでなかったら、私は今の夫に出逢ってなかった!これこそ運命でしょ?あなたの運命の人が私じゃなかっただけよ。」(セリフ要約)

 

え…愛なんて、運命なんて信じないって言ってたやん。。。笑

 

これ聞いたとき、めっちゃ心にささった。サマーさん、ホントその通りです。

 

運命は絶対どこかに転がってるはず。私があなたと上手くいかなかったのは、そういう縁だったから。それは仕方のないこと。

今回上手くいかなったとして、運命の人に出逢えないなんて誰が言ったん?

だってその人、運命の人じゃなかったんだからって、会えないわけじゃないやん。てか、会えるっていう希望は残ってるやん。

 

あなたが私の運命の人じゃなかったらといって、私たちの出逢いは意味がなかったとは言えないよね?

そこまで否定できないよね。

だって、この出逢いのおかげで学んだことだって沢山あるはず。

この作品でも、主人公はサマーと出逢ったおかげで会社を辞め、本当にやりたい仕事をするために変わりました。

そう、変わったんです!

もしかしたら、この変化こそ、真実の運命の人に会うために必要なステップなのかもしれません。

 

相手に執着してる時って、なかなかこんな風には考えられませんよね。

だからこそ、恋愛って苦しい。。

 

自分の力ではどうにもならない事は「仕方ない。だって相手の気持ちなんて変えられないもん。」って投げてしまうのがいいのかもしれませんね。(引き寄せの法則みたいに)

 

 らく〜にいきたい。

最後まで付き合っていくのは誰が何と言おうが、自分自身なのですから。

自分を大切にしてあげたいですね。